FC2ブログ

Latest Entries

◎第7回 沃 樹 会(よく じゅ かい)展」

「アートネット@まちだ」開催のイベント参加メンバーでもある
渡辺 静子氏が出展されます。
第7回 沃 樹 会(よく じゅ かい)展」
s-IMG_20190708_0003.jpg ギャルリー成瀬
会期:7月22日(月)~7月30日(火)
    11:00~18:00
会場: ギャルリー成瀬17 
    横浜線成瀬駅北口徒歩1分
    町田市南成瀬1-1-2-2F  042-705-6840
出展者(敬称略)
    神山 健  渡辺静子 野口英敏 加藤世紀 成澤隆吉

■石黒 和夫展

かつて「アートネット@まちだ」が企画した「市民企画講座」の講師を
務めて頂いた、木彫家 石黒和夫氏の個展です。
「石黒 和夫展」
s-IMG_20190708_0001.jpgs-IMG_20190708_0002.jpg
会期:7月18日(木)~7月27日(土)7月21日(日)はお休みです
    12:00~20:00 (但し土は18:00、最終日は17:00まで)
会場:「愚 怜」(GALLERY GRAY) 
    https://gallerygray.aikotoba.jp/    東大赤門前
    文京区本郷五丁目28番1号  03-5800-080

■初夏のAllumage展 -ドローイング-

初夏のAllumage展 -ドローイング-
Ks-2019.jpg
2019年06月03日(月)〜06月08日(土)
12:00〜19:00(金 〜20:00 / 土 11:30〜17:00)
K’s Gallery
〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目13-4 大和銀座一ビル6F
出品作家
市野裕子、小泉東一郎、高橋武史、多田吉民、土田圭介、吉窪茜

◎石井康行 暖かい白磁の器とランプ展

石井康行 暖かい白磁の器とランプ展
Ishii566.jpgMap2018.gif
6月7日~6月16日
10:00 - 19:00開廊・期間中無休
最終日は17:00まで
ギャルリー成瀬17

電話 042-705-6840
194-0045 東京都町田市南成瀬1-1-2 
プラザナルセ2階 


■第27回GENBI小品展

齊藤弥が出品します。
第27回GENBI小品展
絵画・工芸
東京神奈川現代美術家連盟
GENBI2019春
4月16日(火)~21日(日)
午前10時~午後5時
町田市民ホール第1・第2ギャラリー
https://www.m-shimin-hall.jp/

■簗田寺誕生佛展

簗田寺誕生佛展
2019誕生佛展1 2019誕生佛展2
公開日 4月1日~28日まで
午前10時~午後5時開館

簗田寺住所:
東京都町田市忠生2丁目5-33
電話: 042-791-0602
最寄り駅:古淵駅[出口]から徒歩約38分

先日、アートネットの例会で話題になったお寺の情報です。
簗田寺
簗田寺Facebookページ
和空 修行と宿坊のポータルサイト→http://wa-qoo.com/tokyo/ryoudenji/

〇2019年度3月度例会

2019年度3月度例会を開催しました
ss2019年3例会 (1)
本年度第1回例会を生涯学習センターで開催。
第7回勉強会「私のアート関心事」のプレゼンターは東さん 
テーマは「私の陶芸作品」。

 今日は受賞作品から3点を会場に持ち込んでもらった(右列)。
大きくて重い作品を台車で8階まで運ぶ。
2005年作陶を開始、所属クラブのハイレベルなメンバーの刺激も
受けながら現在に至っていると切り出した。
作陶経歴、いや受賞経歴と言い換えてもいいほど輝かしい実績の紹介、
解説内容だった。
 初めは「灯り」分野の作品、2008年第2回陶のあかり路in 瀬戸 
陶のあかりアートコンテストで『夏の朝夕』が特別賞、第3回『金魚の群れ』で優秀賞受賞。
また「人形」作品では、2009年平塚市展『かばの風神雷神』入選、
2010年陶芸財団展『うさぎ達のお祭り』(右列2枚目)会長賞、など。
更に進化を遂げ、2015年『ぐるぐる・もこもこ』(人形)で陶芸財団理事長賞、
2016年「北海道陶芸展」で『Water』(右列3枚目)が最優秀新人賞、
そして2018年「陶芸財団展」の前衛部門で『結』(右列4枚目)が陶芸大賞受賞の栄に浴した。
 メンバーから、作品に関わる技法、焼成や粘土のこと、苦労話などの質問が数多く寄せられた。
これらに分かり易い解説がなされた。陶芸に関するプレゼンテーションは初めてということもあり、
皆が興味深く聞いた。

 続いて新年度の事業計画について話し合う。7回を数える勉強会は好評、
ただ会場を変えてみる(例えばイベント会場、アトリエ訪問に絡めて)、
一般の人へ参加を呼びかける、外部のプレゼンターもお願いする、
など勉強会の発展型が提起された。過去2回続いた里山歩きの充実を図ることや、
今年は会設立9年目、「まちだのアートを考える(仮題)」シンポジウムなどを計画したらどうだろう、
などの活発な意見が出た。実りある一年にするべく具体化を図っていきたい。
(記録 竹之上さん)

◎メメント モリ 「死を想え」 ―生きる―

吉窪さんが出品されます。
メメント モリ 「死を想え」 ―生きる―
190327メメントモリ2019 mapギャラリースペース游

3月27日(水)-4月7日(日)
11:00-17:00(最終日16:00まで) 4/1(月)・2(火)休廊
ギャラリースペース游

三本博子/鈴木國男/横田瑛子/木戸和子/小原義也
松山徹/渡辺文子/室井弘道/吉窪茜

■吉田謙吉と12坪の家-劇的空間の秘密-

吉田謙吉と12坪の家-劇的空間の秘密-
201812_yoshida20kenkichi_top.jpg acc_img_map01.jpg
3月7日(木)~5月25日(土) 休館日 水曜日
10:00~18:00
入場料 無料
リクシルギャラリー京橋

対談
「12坪の家」をめぐる ~吉田謙吉の自由なまなざし
東京:2019.04.16(Tue)
吉田謙吉の家族であり、「12坪の家」に38年間住まわれた長女の塩澤珠江さんと、「12坪の家」が解体される前にそのカケラを収集し、なおかつ謙吉の考現学ともつながりのある歯科医、また建築破片収集家としても知られる一木努さんのお二人にご登壇いただき、謙吉自ら設計した自邸をめぐりながら、大正・昭和という激動の時代における謙吉ならではの物事の捉え方、生き方などについて、異なるお立場から語り合っていただきます。
日時
2019年4月16日(火)18:30~20:00
講師
塩澤珠江(「ギャラリー季の風」主宰、「吉田謙吉・資料編纂室」代表)

一木 努(歯科医師、建築破片収集家、路上観察学会会員)
会場
AGC Studio(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館2F)
会場協力
AGC株式会社
参加
無料
定員
80名 ※要予約(定員になり次第〆切)。
AGC Studio

■町田市立国際版画美術館友の会 「第20回会員展」

内田さんが出品します
町田市立国際版画美術館友の会
「第20回 会 員 展」
s-IMG_20190307_0002.jpg 版画美術館マップ 長谷川潔展ー1

会期:2019年3月12日(火)~17日(日)
    10:00 -17:00(初日は13:30より、最終日は16:00まで)
会場:町田市立国際版画美術館(市民展示室A・B)

今年は、版画美術館設立30周年、友の会20周年の記念の年にあたります。
会員の油絵、水彩画、版画、陶芸、写真などの作品および友の会実技講座で制作の
木版画、銅版画、水彩画、そして20周年記念講座リトグラフの作品を展示します。
友の会の歩みを辿るコーナーも設けています。
友の会会員は、ご来場の皆さんと交流を深めたいとお待ちしています。
なお美術館では、企画展「パリに生きた銅版画家 長谷川潔展」(3月9日ー4月7日)が
開催中です(写真右)。併せてお楽しみください。

Appendix

プロフィール

アートネット@まちだ

Author:アートネット@まちだ
「アートネット@まちだ」は、アートが好きな人や、アートに携わっている人の集まりです。わたしたちはアートを通して人と人、人とアートをつなぎ、和やかで活き活きとした関係や場や社会を育てたいと考えています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR