FC2ブログ

Latest Entries

◎清水祐貴子版画展

「清水 祐貴子 版画展」 ― 距離の保ち方
s-IMG_20190114_0001.jpg ギャルリー成瀬

会期:1月17日(木)-31日(木)
     10am -6pm  期間中無休

会場:ギャルリー成瀬17 042-705-6840

銅版画・木版画の作品を通し、様々な距離を考える空間に
なればいいとの作家の思いがあります。
国際版画美術館を有する町田に相応しい、新春の展示会です。
<作家プロフィル>
  東京国際ミニプリントトリエンナーレ’02 ‘05入選。
  第78回日本版画協会版画展入選。
  第5,6,8回高知国際版画トリエンナーレ入選。
  第11回、16回レッセドラ国際小版画展(ブルガリア)入選。
  ’12アート京都出展。
  第32、37回カダケス国際ミニプリント公募展入選。
  第7,8回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ展入選。
  第6回FEI PRINT AWARD 入選。

■第13回堀文子教室同窓展

齊藤弥が出品しています。
第13回堀文子教室同窓展
2019同窓展1 2019同窓展2
会期 1月13日(日)~19日(土)
時間 12:00~19:00 日祭日は18:00まで 最終日は17:00まで

柴田悦子画廊
中央区銀座1-5-1 第3太陽ビル2F

■第10回マスだ!展

ブログ管理人齊藤です。本年もよろしくお願いします
第10回マスだ!展
2019マス展1 2019マス展2
1月6日(日)~1月14日(月)
月~木12:00~19:00 金12:00~20:00 土日最終日11:30~17:00
K's Gallery 中央区銀座1-13-4 大和銀座一ビル6F
http://ks-g.main.jp/

■第5回FUGA展

アートネットまちだ、齊藤弥、齊藤さゆりが出品します。よろしくお願いします。
第5回FUGA展
第5回FUGA展
12月12日(水)~16日(日)
町田市民ホール4F 第1・第2ギャラリー
https://www.m-shimin-hall.jp/

町田・相模原在住作家11名による展覧会です。
書、日本画、油彩、アクリル、テンペラ、染彩画など

会期中の15日(土)、16日(日) 両日共午後2時から出品者によるギャラリートークを行います。
申し込み不要。直接会場においでください。

◎ナンタケットバスケット作品展

高石さんが出品されます
ナンタケットバスケット作品展
相模大野教室・玉川学園継続学習センター
1544271562990.jpg 1544271568123.jpg 1544271574044.jpg
12月14日(金)~16日(日)
11:00~18:00(最終日は16時まで)
会場 ういすかあ
    町田市玉川学園7-11-13
    小田急線玉川学園駅下車 徒歩5分
    電話 042-728-5017

○アートネットまちだ第6回勉強会「私のアート関心事」

アートネット2018年12月度例会
 第6回勉強会「私のアート関心事」
例会12月          
12月1日(土) 午後2時~町田市文学館ことばらんど  出席7名 (レポート竹之上さん)
本年度最後の例会とあって、「今年一年を振り返って」と題し、来年への提言も述べあった。
 各回実施した「私のアート関心事」をテーマにした勉強会が役に立ったので今後も続けたいと。また2回目となる「里山散策」も高い評価を得た。今後例会のベースになるだろう。
 提言に移って、何か新たな活動を取り入れたいとの意見が多く出た。その舞台として、「まちカフェ」の活用(必ずしもワークショップでなくても、アートネットの活動のPR、来場者参加型のアートに関わるディスカッションの場にしてもよい)、地元のお寺で行っているバザールなどの行事のアート分野や、金井商店街などで実施しているアート展示イベントなどへの参加も考えられる。更にこれまで実施してきた勉強会の内容を一般公開して外部へのPRも可能ではないか etc
 アートネットの今後の方向性についても活発な意見交換ができた。9年目の来年に期待したい!

*第6回勉強会「私のアート関心事」
①プレゼンター 竹之上さん テーマ「リタイア後のアート “ダボハゼ”放浪記“
  1. アートの出会い デッサン・陶芸・パステル画・水彩画・銅版画など
  2.  それらのよさ  3.記録としてのブログのこと  4.今の悩み
  などを、作品を紹介しながらプレゼン。
②プレゼンター 内田さん  テーマ「私の履歴書とアート」
  1. 人生観を形成した子供の頃の病気、学生時代の専攻や環境 
  2.会社勤務で学んだこと(常識と非常識など)や退職のこと
  3. 退職後、版画美術館の「現代美術講座」を聞いて美術のことに覚醒、版画美術館・友の会に入会。そこでアートネット大橋顧問との出会いが生まれた。現在も美術関係の仕事に従事している。
内田氏が世話役をしている友の会の「銅版画講座」で制作の自作品の紹介、希望者にプレゼント!

★町田の里山・秋の小山田緑地公園

アートネット@まちだ企画
「町田を知ろう~町田の里山・秋の小山田緑地公園」
11月10日
小山田緑地 ss-第2回里山散策-2
昨年アートネット@まちだ企画「町田を知ろう~町田の里山を歩く」が好評だったことを受けて、11月10日、町田の里山散策第2弾を開催した。幸いにも、前夜来の雨も上がり青空が広がる、少し汗ばむほどの散策日和に恵まれた。
 前回は東側の谷戸を中心に散策したが、今回は西側に位置する多摩丘陵の原風景、自然豊かな都立小山田緑地公園と歴史の宝庫の大泉寺などを、昨年に続き山本氏に案内してもらった。

 まず谷戸に沿って溜め池、調整池が連なり木道の周りには野草が楽しめる。運動広場を抜けると尾根上の「みはらし広場」に出る。斜面に点在する畑や小山田の家々、遠くに多摩センター、山並みには青空をバックに雪を被った富士山が頭を出していた(関東の富士見100景)。
 そこから「大泉寺」に向かう。大泉寺は、小山田別當有重が開基となり、小山田有重が居住していた当地に安貞元年(1228)に起立、無極(永享2年1430)が曹洞宗寺院として開山した。別當から馬の飼育に関わった地域であることが分かる。この地は、地理的には町田の奥まったところだが、町田発祥の地ともいえるほど文化水準は高かったようだ。鐘つきの自動化に驚く。

 大久保分園に行く途中で昼食をとった。その後、東京国際ゴルフ場を横切って「トンボ池」、続いて梅木窪分園にある「アサザ池」、「つり橋」を巡る。最後は本園にある「サービスセンター」(管理所)に立ち寄り、今日散策した当緑地の“おさらい”をした。
 小山田緑地は昨年の自然のままの谷戸風景と異なり、道がよく整備されているし子供たちの運動広場もある。あちこちに「犬の散歩」の注意書きがあるほど身近な散策、散歩コースになっている。こうした(街中からバスで30分にある)自然は“町田の宝”、大事にしたい。
 山本氏の健脚ぶり、淀みなく話される分かり易い案内、今回も感服した。感謝!              (竹之上記)

◎第2回 「白亜会東京支部 小品展」

第2回 「白亜会東京支部 小品展」
s-IMG_20181128_0001.jpg IMG_20181128_0002.jpg
会期:平成30年12月2日(日)~8日(土)
    AM10:00~PM17:00(最終日はPM16:00迄)

会場:「ギャルリー成瀬17」 成瀬駅北口から徒歩1分

白亜会は、新しい具象絵画の研究を目指し、美術文化の向上、
個性を重んじつつ、芸術の世界に 広く挑戦しています。
白亜美術協会は、今年第41回「白亜展」(公募展)を開催しました。
本展は、昨年に続く東京支部の小品展です。ご高覧下さい。

■絵本の原画・作品展(渡辺静子)

「絵本の原画・作品展」 
愛犬「こむぎ」の飼い主・・渡辺静子の作品
s-IMG_20181111_0003.jpg ひじかた園
会期:11月23日(金・祝日)~25日(日) 12:00~18:00
会場:老舗「ひじかた園」 2Fティールーム
   町田市原町田4-3-6 042-722-3265

このところ、GENBI展、パリコレッ芸術祭、市展などへ活動の場を
広げている作家の、2017年6月以来となる個展です。
今回は昨年亡くなった愛犬「こむぎ」のために作成した絵本の原画などの
作品を展示します。作家が思いを込めた絵画作品を是非ご高覧ください。
また老舗「ひじかた園」のお茶もお楽しみください。

◎Geary Tucker(ゲイリー・タッカー)水彩画展

「Geary Tucker(ゲイリー・タッカー)水彩画展」
   -麻生先生に授かったもの、芸術の精神ー
s-IMG_20181030_0001.jpg s-IMG_20181030_0002.jpg
会期:11月4日(日)~11月11日(日)11:00~18:00 期間中無休
    11月 4日 15:00~ オープニングレセプション(参加自由・無料)
    11月11日 14:00~ クローズドレセプション (   〃     )
    なお 7日、10日   14:00~ 水彩画デモンストレーションあり
会場:ギャルリー成瀬17 成瀬駅北口 徒歩1分

作家紹介:
    ボストン在住、学校法人KAJI ASO STUDIO(ボストン)講師でもある
    水彩画家による水彩画展
    アーティストは社会において心のケアを担当するという理念を持ち、
    ボストン(ボストン美術館芸術大学)で出会った麻生花児の下で学ぶ。
    水彩画の即興性を重視し、その場での心と主題の融合を表現する。

ご来場をお待ちしています。

Appendix

プロフィール

アートネット@まちだ

Author:アートネット@まちだ
「アートネット@まちだ」は、アートが好きな人や、アートに携わっている人の集まりです。わたしたちはアートを通して人と人、人とアートをつなぎ、和やかで活き活きとした関係や場や社会を育てたいと考えています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR