FC2ブログ

Entries

〇2019年度3月度例会

2019年度3月度例会を開催しました
ss2019年3例会 (1)
本年度第1回例会を生涯学習センターで開催。
第7回勉強会「私のアート関心事」のプレゼンターは東さん 
テーマは「私の陶芸作品」。

 今日は受賞作品から3点を会場に持ち込んでもらった(右列)。
大きくて重い作品を台車で8階まで運ぶ。
2005年作陶を開始、所属クラブのハイレベルなメンバーの刺激も
受けながら現在に至っていると切り出した。
作陶経歴、いや受賞経歴と言い換えてもいいほど輝かしい実績の紹介、
解説内容だった。
 初めは「灯り」分野の作品、2008年第2回陶のあかり路in 瀬戸 
陶のあかりアートコンテストで『夏の朝夕』が特別賞、第3回『金魚の群れ』で優秀賞受賞。
また「人形」作品では、2009年平塚市展『かばの風神雷神』入選、
2010年陶芸財団展『うさぎ達のお祭り』(右列2枚目)会長賞、など。
更に進化を遂げ、2015年『ぐるぐる・もこもこ』(人形)で陶芸財団理事長賞、
2016年「北海道陶芸展」で『Water』(右列3枚目)が最優秀新人賞、
そして2018年「陶芸財団展」の前衛部門で『結』(右列4枚目)が陶芸大賞受賞の栄に浴した。
 メンバーから、作品に関わる技法、焼成や粘土のこと、苦労話などの質問が数多く寄せられた。
これらに分かり易い解説がなされた。陶芸に関するプレゼンテーションは初めてということもあり、
皆が興味深く聞いた。

 続いて新年度の事業計画について話し合う。7回を数える勉強会は好評、
ただ会場を変えてみる(例えばイベント会場、アトリエ訪問に絡めて)、
一般の人へ参加を呼びかける、外部のプレゼンターもお願いする、
など勉強会の発展型が提起された。過去2回続いた里山歩きの充実を図ることや、
今年は会設立9年目、「まちだのアートを考える(仮題)」シンポジウムなどを計画したらどうだろう、
などの活発な意見が出た。実りある一年にするべく具体化を図っていきたい。
(記録 竹之上さん)
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://artnetmachida.blog130.fc2.com/tb.php/496-2b4f220d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アートネット@まちだ

Author:アートネット@まちだ
「アートネット@まちだ」は、アートが好きな人や、アートに携わっている人の集まりです。わたしたちはアートを通して人と人、人とアートをつなぎ、和やかで活き活きとした関係や場や社会を育てたいと考えています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR